1998年に再びバイクに乗り始め今までにいろいろな所に行ってきました。
しかし・・・・残念なことに、写真を撮るという文化が身にしみておらず、今まで見てきた絶景の数々を撮って
いませんでした。そんな中でも数枚だけ撮っていた写真があるので紹介します。
全てを思い出せないのが残念ですが・・・・・・

気楽に、休憩ばかりしていた「根性無しのツーリングクラブ」として旗揚げしたのが2001年でした。
宿だけ決めて気ままにバイクを流すツーリングでした。
鹿児島や宮崎、そして四国と・・・・近くはよく雲仙に行っていました。

そして、なぜCB1100がパパラッチとなったか・・・・
それは、自分がしてきたトラブルの数々が彼を変えたのだった。
今までツーリングの数だけトラブルを起こしてきたCB1100の物語でもある。


2001.7.29〜2001.7.30
今メンバーの駆け出し、「根性無しのツーリングチーム」として初めてツーリングに行きました。
北九州のFZ-1(当時セロー225)さん、CB1100改(当時CB750)さん、CBR1100XX(当時ZZR400)さん
そして私、GSX1400(当時SV400S)の4名で乗り始めた。

9:00 日田駅集合
10:00 小国で・・・・これからどうする?とすでに行く所・・・無しの状態

取りあえず、お決まりの瀬の本へ・・・・また休憩(笑)
では次は・・・・やはり大観望でしょう〜と観光して・・・・

取りあえず昼食にしよう〜と・・・・手打ち蕎麦で有名な波野の道の駅へ
着いた〜と思って注文しようと思ったら・・・ざる蕎麦400円と
意外に安いので???????
おばちゃんが冷蔵庫から出した蕎麦を見てびっくり!
スーパーで50円くらいで売っている蕎麦を出してきたのです。
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
なんと、そこは竹田の道の駅でした。あの時は笑ったな〜

まあ、そんなこともあり取りあえず阿蘇の頂上に!久しぶりに頂上まで来ました。
昔は有料で滅多に行かなかったのに〜

阿蘇の頂上なんて、みんな長いこと行ってないのでは?
写真見てください。まだデジカメではなくフィルムのカメラを使っていました。


そして、これが1年も乗らなかった幻のSV400S Vツインでトルクもなかなかのものだった。
今考えてもやはり、Vツインが楽しかったな〜なんと言っても音がいい!
600ccとどっちにしようかと悩んだのだけれど・・・・・
マフラーも変えたかったし新車で値引きもあり400ccを購入したのだが・・・

マフラーも変えて新車で60万くらいでした。軽くて峠を攻めさせたらかなりのものだったが・・・・
しかしやはり、400CCではパワー不足が不満で1年で買い換えました。
下取りは25万にしかならなかった(ToT)
ちなみに、CBR1100XXさんも似たような歴史を辿っていて・・・・
1〜2年で乗り換えたのです。

そして、その奥見えますか?CB750がまだ純正マフラーだったのです。
ちなみに、初ツーリングでCB750はキャブからガソリンが漏れていました。
マフラーも穴が空いていましたね〜(笑)


この後、白川水源に行きましたね〜確か・・・・・・

で行くところもなくなって、15時には、今は無き 宿泊宿の外輪山荘に行きました。
阿蘇の駅近くのスーパーにお酒とからし蓮根を買いに行ったのですが・・・・
からし蓮根と思っていた半分は、芋天でした。(笑)

外輪山荘は、私は一人旅でも何度か泊まりましたが・・・・
メインがナスの田楽だったのが、今となっては懐かしいです。
でも焼酎が1合徳利で150円と安かったんですよね〜

帰りは、竜門の滝の所にある竜門茶屋で「かもそば」を食べて帰りました。
私が、高速道路代をケチって追い越し禁止で捕まったのは、この時じゃなかったかな?


確か・・・・次が雲仙の保養所
あと阿蘇も何回かツーリングをしてましたよね?
SV400S時代に春日公園で2〜3回待ち合わせした記憶があります?
何回かCB750のマフラーが純正だったと記憶しています。
二日酔いで遅刻したり、ガス欠で遅刻したこともありましたね?いつだったかな?


そして、ついにCB750が今のYOSHIMURAのマフラーに変えてのツーリングで
山口県の湯田温泉にあった保養所に泊まったんです。
残念ながら、その時の写真もありませんが・・・・・

どこで集合しただろう???誰か覚えています?
会社でしたかね?

この時は、青海島の民宿で「うにとサザエの釜飯」を食べました。

ちなみにこの時、CB750は
黒煙を吐きながらバックファイヤーしながら走っていました
この時チタンのマフラーなので、綺麗な青に焼けるはずなのに・・・・
1本だけ焼けていなかった。原因はキャブにあったらしく
キャブを付け替えることになったのです。

翌日は、高速道路を帰りました。
この頃の私はよくTシャツで乗っていて・・・・
パタパタとTシャツがなびいて、背中丸出しで走り
あまりスピードが出せなかった記憶があります。

この頃は何度も・・・・いろいろツーリングに行っているはずだけれど・・・・・
この頃は、一人でもいろいろ行っていたから・・・・・・よく思い出せない・・・・


2001.11.23〜2001.11.24
次に行ったのが宮崎でした。宮崎へは阿蘇を超えて行ったのですが・・・・
雪が降ってすごく寒かったんです。
ちなみに、この頃水泳をしていて痩せていました・・・・それが今では・・・・


あまりの寒さに、月廻り温泉で蕎麦を食べて行きました。
椎葉から日向の方に抜けて行きました。
残念ながら、宮崎の写真はないのですよね〜

この頃毎年恒例になった高鍋にある天然カキを買って行きました。
CBR1100XXさんは「俺はカキは喰えん」と言っていたのですが・・・・

宿泊はフェニックス北郷リゾートという所に泊りました。
この頃は、会社のレク特典で1500円/人 当然一泊二食で泊まれた
幸せな時代でした。

この時は、赤ワインと白ワインも買っていきました。

そうそう、カキが嫌いなCBR1100XXさん(この時はZZR400さん)は
高鍋のカキは美味しいと食べていました。

帰りは、途中まで下道で帰って途中から高速使おう!と言っていたのですが・・・・
少し走ったところで・・・・「きつい!もう高速で帰ろう」と言ってすぐに高速に乗って
帰りました。この頃ZZR400さんは400CCなのに早かった〜着いていくの大変でした。

確か、帰りはCB750さんお奨めの山川SAのニンニクチップをたっぷり入れたラーメンを
食べて帰りましたよね?

私のSV400Sはこのツーリングでさよならです。


ちなみに、翌年も宮崎に行きました。
突然、家の用事が出来たCB750さんは後で宮崎で合流する予定で
私は、行橋のFZ-1さんの自宅で合流して南下して行きました。
のんびりとしたもので・・・・・
お昼に大分でした。私達はジョイフルで昼食を食べることにして
CB750さんに「今まだ俺たち大分だから大分で合流しよう!早くおいで!」と
電話だけしてゆっくり食事をしました。
そして、食事を終えて大分ICの出口に行ったのですが・・・・・
待てど暮らせど来ない?????
待ちくたびれた頃やっと来た。
「何しとったん?遅いやん」の一言に・・・・・
CB750は怒って「おまえ、ここまで何キロあると思ってんだ〜!」
私はこの時まで、福岡から100kmくらいで1時間もあれば来ると思っていました。
CB750はフルアクセルで飛ばしてきたらしいが・・・・・すでに14時を過ぎていました。
当然、宮崎に着いたときは日が暮れていました。

そして、目的のひとつ高鍋のカキを買いに行きましたが
もう殻付きしかなく仕方なく殻付きを買って行きました。
ラグゼ一ツ葉という施設に泊まったのだが・・・・ここは食事がついて無かったので
一階のコンビニでカップラーメンやお酒を買って部屋で宴会をしました。
殻付きのカキは、バイクの工具でガンガン!叩き割って、
電気コンロや電子レンジで焼いて台所は砂と傷だらけ!
よく、クレームが来なかったと思うくらい酷い有様でした。

ちなみにこの時は、北九州のFZ-1さんは当時セロー225に乗っていて
ビックバイクと一緒に宮崎まで行っていました。
私は、今となればそれがどんなに大変だったことかわかりますが・・・・・
彼は文句も言わないでよく一緒に走っていました。

ちなみに「ラグゼ一ツ葉」という施設に泊まったのですが・・・・
本当は「ラグゼヒトツバ」なのですが・・・・僕らは 「ラグゼーツ ヨウ」と思っていました。

宮崎の渋滞って・・・道が他に無いからすごいんですよね〜
帰りは、とにかく10号線を北上しジョイフルで昼食を食べて帰った。
大分でCB750と別れ、私は北九州へと帰った。


あと、よく行ったのが雲仙の普岳荘!無料マッサジ機が大好きで私は一人でも
1年に何度も行っていました。保養所の中でも一番大好きな場所だったのに・・・・・
食事付きで4000円で泊まれましたからね〜
ちなみに、一人で行っていたとき買ったばかりのデジカメを仁田峠の崖の下に落としてしまった
悲しいこともありました。

私もマッサージ機で寝てしまい何度起こされたことか・・・(笑)
そういえば、CBさんは朝までマッサージ機で寝てたことあったよね?


2002.11.22〜2002.11.23
天草に行きました。この時 CB750は後ろブレーキが摩擦で膨張して
ブレーキがかかったままになる問題を起こしていました。
結局、リアブレーキを外してビニールテープでフレームに固定して走っていました。
なんで、写真撮ってなかったのだろう〜こんな面白いこと・・・・
カメラも持っていたのに・・・・

しかも、この状態で行きも帰りも高速を走っていたCB750でした。

この頃、GSXは純正マフラーの二本出しメガホンマフラーでした。
私は大好きだったんですよね〜このマフラー
ただでも大きな車体がさらに大きく見えていました。

この時メチャメチャ寒くて体の芯まで凍り付いていました。
そんな体で入った温泉は・・・・・・
痛い痛い!しかし、これがすごい快感でこの快感は今で忘れられません。
究極に冷えた体で入る温泉はとても気持ちがいいです。



そして、泊まったのが 民宿「理恵」後にも先にもツーリングで民宿に泊まったのは
ここだけでした。メバル・メバル・メバル 料理は全てメバル料理でした。
美味しかったけれど・・・・他の魚も出して欲しかった。
まあ〜一泊 5000円ですから〜と思っていたのですが・・・・


翌日の請求を見てびっくり!20,000円なんと・・・・・
この時飲んだ 焼酎「しろ」1本4000円だって!
二人で二本も飲んだからね〜
まあ、こんなこともあって二度と民宿に泊まらなくなりました。
この時は飲み過ぎたな〜(笑)


2003年は、CB750と霧島ツーリングに行きました。
たまには、日田経由でなく違う道で行こうと久留米〜山鹿〜菊池〜椎葉と
行きましたが・・・・・・いくつだ久留米で混んでかなり時間を無駄にしました。
まあ、それでも椎葉で昼食を食べられました。CB750さんが大好きなそばを食べました。
そして、その先・・・・・狭い265号線を下りました。(今はかなり広い良い道に変わっています)
人吉までどれくらいかかっただろうか?

そうこうしているうちに宿泊先の「さくらさくら温泉」に着きました。
レクを使って3,000円で泊まれたのですが・・・・・
旅館というより、ペンションって感じで・・・・
泥湯と言っても、自分で塗るのだけとれど・・・・・
どうも女性用は泥のまま入れる温泉があったりと良さそうなのだが
泥を塗ったまま15分間立っている姿は・・・・間抜けである。

あと食事の少なさにびっくり!鍋と言っても具は1人前程度と・・・・・
はっきり言って、朝食の方が豪華でした。
その夜は、来る途中で買った地鶏の刺身で飲みました。
霧島の地鶏の刺身はおいしいんだよね〜ニンニク醤油がまた美味しくしてくれる♪

そして、このツーリングがCB750の運命を変えることになるとは・・・・・
朝旅館を出て、ミヤマキリシマを見ようと出かけたその時!
なんと、CB750が、余所見をしてこけてしまったのです。
まあ、怪我もなくエンジンもかかったので、何事もなかったように帰っていました。

しかし、五木村までは動いたのですが・・・・・全然動かなくなってしまったのです。
最終的に動かなくなり、取りあえず目の前の派出所に・・・・・
「俺は今日は午後から休みだから」とあまり頼りにはならなかった。
荷物をお巡りさんさんのバイクのサイドカーの中に隠し、CB750を置いて
私のバイクで二人乗りして人吉までレンタカーを借りに降りた。
確かこの時、人吉でラーメンを食べながら、この面白い話を
みんなにメールしていたのを覚えています。
そしてレンタカーのトラックを借りて持って変えりました。
私は、この時初めて男二人で二人乗りをしました。

結局、この事故がきっかけでCB750はエンジンを乗せ替えることになったのです。
ちなみに、エンジンは前からオークションで驚く値段で買っていたのです。
意外と一番高級なエンジンかも(笑)
ちなみに、今もあるCBのマフラーのキズはこの事故のキズなのです。

CB750さんは、この後急いでブリジストンカードのロードサービスに入会しました。
この事故の前から入ろうとはしていたのですが・・・・少し間に合いませんでした。

ちなみに・・・エンジンを乗せかえて
車検に行き、「エンジン番号が違います乗せかえましたか?」という質問に
「えっ?乗せかえたかもしれない」と訳の分からないことを言ったという裏話もあります。
エンジンを乗せかえたときはきちんと手続きをしましょう♪


そして、CB1100となったところで指宿ツーリングに行きました。
お宿は、指宿海上ホテル!これもレクポイントを使って5,000円で宿泊しました。
この時は、真夏の暑い時期でした。
朝から高速道路を、ガンガン飛ばして・・・・・・・

そんな時!CBが高速でスローダウン????
なんと、ガス欠!高速でガス欠なんかするなよ〜
私も、高速で止まったのは初めてでした。(笑)
しかし数週間前に加入していたブリジストンカードのロードサービスに
電話して解決できました。
いや〜毎回毎回何かするする人だ・・・・・

そんなこんながありましたが、無事に
昼には枕崎に着いていました。枕崎では今回の目的のひとつでもある
カツオ料理を食べるため枕崎駅前の「一福」という店に入った。
この時、CBR1100XXさんの姿を見た人が
「お〜魚釣りに行くのか?」と質問していた。(笑)
そこで、カツオのビンタを食べました。

食事が終わって、指宿の方へ宿を目指して走り出しました。
すると、今度はCB1100のスイングアームのボルトがない!
宿泊先の指宿海上ホテルに15時にはついて
CBのボルトとお酒を買いに行きました。
そのついでに、大ナマズとイッシーを探しに池田湖へ行きました。

指宿海上ホテルでは、砂風呂があったのですが・・・・
当然、無料だと思って入りました。
先にも書きましたが、この日はとても暑い日でした。
私と、CBR1100XXさんは暑いので数分で出てしまいました。
ところが・・・・翌日1000円の請求が!無料じゃないんかい?
メチャメチャ損した気分でした。

でも、このホテル結構親切なホテルで・・・・
なぜか、鹿児島なのに長崎のカステラが売っていたので
「なぜですか?」と従業員に聞いたところ、知らなかったのです。
ところが21時頃部屋の方に、その従業員が来て
「あのカステラは、お土産のべっ甲を卸している業者が置かせてくださいと・・・」
とわざわざ調べて教えにきてくれました。
あとヘルメットのガードも落としていましたね

帰りは、226号線を北上し・・・・・・その時だった・・・・
またしても・・・・CB1100がペースダウン!今度はオーバーヒート!
まあ、これが原因で今の佐賀錦じゃなかった・・・・・
似ているけれど・・・・オイルクーラーに変わったのであった。

気を取り直して鹿児島港から桜島へフェリーで渡りました。
この時、CBは1100は1100ccにしたのに750ccと嘘をついて
数百円ごまかしていました。(誇りを捨てた男です)
その後は、高速道路で一気に帰ることにしました。

そして、恒例のえびのの直線での加速!
流石CBR1100XX早い〜!そしてCB1100も加速!
あれ・・・・・・何か飛んできた???
ヘルメットのガードを落としていましたね
いろいろやってくれます。


そして、次に行ったのが初の四国ツーリング!
これまた、写真が無いのが残念!
ちなみにこの頃は1500円で四国まで渡れたのに・・・・今では2000円ですからね〜

四国の佐田岬に渡って、昼食を食べに民宿に行きました。
大分の佐賀関で食べると「関あじ」だけれど四国に渡ると
同じあじが「岬(はな)アジ」と名前が変わります。
岬アジを堪能して出発しようとした時・・・・・・バキッ!
シートの上に置いてあった眼鏡を踏んでしまい壊してしまいました(ToT)

そして、四国カルスト台地を目指して走っていたとき・・・・
突然大雨になってしまいました。
私は、雨具を持っていましたがCBはビショビショのまま走っていました。
そして、目的地の四国カルスト台地に!
何も見えない・・・・・・霧で真っ白で何も見えませんでした。
本当に何も見えず、ライトの明かりが闇に吸い込まれる現象を
初めて体感しました。
霧の中から突然、牛が顔を出したり・・・・・
何も見えないまま下山しました。

途中、ガソリンを入れようとすると、おばあちゃんが傘を差して出てきた
山の中で屋根の無いガソリンスタンドだったので、きっとタンクに水が
入らないようにするのだろうと思ったら・・・・・・
その傘は、自分のためでバイクのタンクは雨の中ガソリンを入れていました。

初日は、奥道後にある保養所に泊まりました。
この時は、携帯も入らなかったんですよね〜
到着が遅く、「風呂は後にして30分で食べてください」と
寂しい晩餐でした。
ちなみに、CB1100のマフラーの底のキズは、四国の保養所の裏で
腹を擦って作ったキズです。

翌日、雑誌の記事を見て行ってみたかった石鎚山へ
途中、流れる川はそれはそれは綺麗でした。
本当に、なぜ写真を撮っていなかったのか悔やむくらい綺麗でした。
石鎚山には入り口が分からず何度も何度も往復して見つけました。
そういえば、メチャメチャ飛ばせそうな道で検問していたな〜

しかし石鎚山は感動した!ここの景色は飽きるほどの山・・・・途中本当に飽きていたけとれど
そして麓の綺麗な川!これは感動ものです。
石鎚山のレストランでそばだったか?うどんだったか?頼んだのだが・・・
これがまたまずかった!(笑)

そのレストランを過ぎたら、道も良くなり快適に飛ばしていた。
しかし休憩しようとコンビニを探すが・・・お店すらない・・・・
川沿いにやっと小さなお店を見つけて・・・・休憩で入ると
山女が竹串に刺さって焼かれていた。
私達も、山女とコンニャクを食べていました。
そこに、お母さんと娘が入ってきました。
すると女の子がおやつ代わりに山女を食べている姿を見て
うわ〜と田舎を感じていました。

ちなみに、このツーリングではまたしてもCB1100・・・・・・・
走行中に パフッって音! キャブがはずれていました。

そして高知にあるホテル
このホテルは、過去最悪No.1ホテルでした。窓の外は壁!風呂場にはヤクザ

しかし、本場、よさこい祭りの真っ直中でとても楽しかった。
この時、初めて「うつぼのたたき」を食べました。

ちなみに、この時CB1100さんがすれ違うバイクを見る度に
「ほら〜みんなキャンプ道具持ってツーリングしてる〜
 キャンプ道具持ってハム焼いて〜・・・・・・・・」と
あまりに言うから、キャンプ道具を一式揃えたのが・・・・・
このツーリングでした。
それから3年間使うことはなかった・・・・・

翌日は、フェリー乗り場で昼食を食べて
大分に渡ったところで、私は北九州へCB1100は福岡へ
別れて帰りました。


つづき